調布市武者小路実篤記念館

サイトマップ個人情報の取扱

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

実篤年譜

年譜データは資料ダウンロードコーナーよりダウンロードできます。

1885年(明治18年)

5月12日

東京市麹町区元園町1-38(現:東京都千代田区一番町19-4)に生まれる。父・子爵武者小路実世(さねよ)、母・秋子(なるこ)(勘解由小路(かでのこうじ)家出身)の8番目の末子。

1887年(明治20年)2歳

10月

父・実世死去、享年35歳。

1891年(明治24年)6歳

9月

学習院初等学科入学。朗読と数学が良く、体操、音楽、習字、図画、作文が苦手。

1895年(明治28年)10歳

この年より、三浦半島金田に移住した叔父・勘解由小路資承(かでのこうじすけこと)のもとに、毎年夏訪れる。

1902年(明治35年)17歳

9月

学習院中等学科6年に進む。志賀直哉と同級になり、親しくなる。

1903年(明治36年)18歳

9月

学習院高等学科に進む。この頃から、トルストイに強くひかれ、また聖書、仏典をしきりに読む。

1904年(明治37年)19歳

3月

短編「初恋」のお貞さんが帰郷、うちあけぬままの失恋が文学へ傾斜させる。

1906年(明治39年)21歳

7月

学習院高等学科を卒業、9月 東京帝国大学文科大学哲学科社会学専修に入学。

1907年(明治40年)22歳

4月14日

志賀直哉・正親町公和(おおぎまちきんかず)・木下利玄(としはる)と文学研究会《十四日会》をつくり、毎月創作を批評しあう。また、美術への関心も深める。

1908年(明治41年)23歳

4月

処女作品集『荒野』を自費出版。

1910年(明治43年)25歳

4月

志賀直哉、有島武郎、有島生馬、柳宗悦らと『白樺』を創刊。

1911年(明治44年)26歳

12月22日、白樺同人からロダンへ浮世絵30枚を送り、その御礼に贈られたブロンズ彫刻3点が届く。
岸田劉生が訪問、交友が始まる。

1913年(大正2年)28歳

2月

竹尾房子と結婚。

1914年(大正3年)29歳

5月

生家を出て、麹町区下二番町58に家を借りる。

1915年(大正4年)30歳

3月

戯曲「その妹」を『白樺』に発表。この数年、神奈川県鵠沼や東京で度々転居。

1916年(大正5年)31歳

12月

我孫子(東葛飾郡富勢村根戸字船戸1090)に転居。我孫子には志賀直哉・柳宗悦が住む。

1917年(大正6年)32歳

10月

『白樺』10月号で日本最初の西洋近代美術の美術館設立を提唱。

1918年(大正7年)33歳

5月~7月

『白樺』と『大阪毎日新聞』などで新しき村の創設を提唱。7月 雑誌『新しき村』を創刊。

11月

宮崎県児湯(こゆ)郡木城(きじょう)村大字石河内(いしかわち)字城に「新しき村」を創設。

1919年(大正8年)34歳

この年、農作業、建築の手伝い、資材の運搬などの仕事を村の青年たちとともに分担した。

1月

小説「幸福者」を『白樺』に5回連載(~6月)。

10月

小説「友情」を『大阪毎日新聞』に48回連載(~12月)。

1921年(大正10年)36歳

3月

「白樺美術館第一回展覧会」を開催。セザンヌ「風景」、ゴッホ「向日葵」等が公開。

7月

自伝小説「或る男」を『改造』に19回連載(~大正12年11月)。

1922年(大正11年)37歳

この年、房子と離婚。前年新しき村に入村した飯河(いごう)安子と結婚。

1923年(大正12年)38歳

9月1日

関東大震災。母は無事だったが生家が焼失。『白樺』は終刊となる。

12月

長女・新子誕生。この頃から、熱心に絵(鉛筆素描、墨画淡彩)描き始める。

1925年(大正14年)40歳

2月

次女・妙子誕生。
9月にドイツのレクラム文庫にならい日本最初の文庫本「村の本」を新しき村印刷所より刊行。

12月

新しき村を離村、志賀直哉が住む奈良に移る。以後、村外会員として村の活動を支えた。

1926年(大正15年)41歳

1月

戯曲「愛慾」を『改造』に発表。

7月

「愛慾」が築地小劇場で上演される。

1927年(昭和2年)42歳

2月

東京府南葛飾郡小岩村(現葛飾区)に転居。

4月

『大調和』を創刊(~昭和3年10月)。

9月

"最初にかいた油絵"と記す「南瓜」を描く。以後、油絵もさかんに描くようになる

1928年(昭和3年)43歳

11月

母・秋子(なるこ)死去。三女・辰子誕生。個人雑誌『獨立人』を創刊(~昭和5年6月)。

1929年(昭和4年)44歳

2月

最初の個展を日本橋・丸善で開催。

12月

神田猿楽町に実篤個人経営の美術品販売と出版の店『日向堂』を開設。岸田劉生死去。

1930年(昭和5年)45歳

この前後の数年、雑誌からの執筆依頼がほとんどなく、みずから"失業時代"という。また、この時期、内外の偉人の評伝を多く執筆した。

1936年(昭和11年)51歳

4月27日

横浜から欧米旅行に出発。各地で美術館と画家を歴訪。12月12日帰国。

1938年(昭和13年)53歳

11月

『人生論』を岩波新書のために書き下ろしで岩波書店より出版。

12月

宮崎県営の水力発電所建設のため、新しき村の耕地の一部が水没することになり宮崎を訪問。

1939年(昭和14年)54歳

7月

小説「愛と死」を『日本評論』に発表。

9月

埼玉県入間郡毛呂山(もろやま)町葛貫(つづらぬき)に東の村(新しき村)を創設。

1940年(昭和15年)55歳

9月

三鷹市牟礼490に転居。

1945年(昭和20年)60歳

8月16日

終戦を疎開先の秋田県稲住温泉で一日遅れで知り、この日と翌日は原稿も画もかかなかった。9月、帰京。

10月

小説「愚者の夢」を脱稿。

1946年(昭和21年)61歳

7月

公職追放令G項該当者に指名され、貴族院議員、芸術院会員を辞任。

1948年(昭和23年)63歳

3月

新しき村を財団法人とし、実篤は理事長となる。

7月

志賀直哉、長与善郎、安倍能成らと共に『心』を創刊(~昭和56年8月)。

1949年(昭和24年)64歳

1月

小説「真理先生」を『心』に22回連載(~昭和25年12月)。

12月

「武者小路実篤個展」を日本橋・壷中居で開催。以後、昭和50年まで毎年開催。

1951年(昭和26年)66歳

8月

公職追放解除。

11月

文化勲章を受章。

1953年(昭和28年)68歳

この頃、三鷹の家には娘たちの三家族が同居、孫7人を含む総勢15人のにぎやかな生活であった。

1955年(昭和30年)70歳

12月

妻・安子と二人で、調布市入間町荻野468(現:若葉町1-23-20)の新居に移る。

1958年(昭和33年)73歳

11月

「新しき村40周年記念祭」を九段会館で開催。この年、新しき村は経済的自活を達成。

1962年(昭和37年)77歳

4月

「大調和展」の復活第一回展を上野・東京都美術館で開催。実篤は会長となり、以後、毎年出品。

1963年(昭和38年)78歳

4月

実篤原作のNHK連続テレビ小説「あかつき」が1年間、放映。

1965年(昭和40年)80歳

5月

東京都より名誉都民称号を贈られる。文壇画壇・出版界有志の発起による満80歳祝賀会が、上野精養軒で開催される。

80歳を機に、以後、書画への署名を常用漢字に改め、満年齢を書き添えることとする。

1967年(昭和42年)82歳

1月

小説「一人の男」を『新潮』に45回連載(~昭和45年12月)。

3月

「私の美術遍歴」を『うえの』に79回連載(~昭和50年3月)。

1968年(昭和43年)83歳

11月

新しき村50周年祭を文京公会堂で開催。自作の詩を朗読する。

1970年(昭和45年)85歳

1月

詩「平気で生きている」を、5月 詩「人間を愛する」など、この頃から、毎号『心』に詩を発表。

1971年(昭和46年)86歳

10月

志賀直哉死去。

11月

「或る老画家」50枚を『新潮』に発表、これが小説としての最後の作品。

1974年(昭和49年)89歳

12月

「蔬菜図」(油彩)を描く、最後の油絵となった。

1976年(昭和51)

2月

安子死去、享年75歳。

4月9日

死去、享年90歳。5月16日 新しき村大愛堂に遺骨を安置。

8月

実篤記念のため、自宅の土地・家屋・美術品・愛蔵品を公的なものとする旨の、安子生前の遺言に従い、調布市・東京都・三鷹市・新しき村にそれぞれ寄贈された。