調布市武者小路実篤記念館

サイトマップ個人情報の取扱

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

講座・講演

平成30年度下半期 催し開催日程

申込み方法

  • 都合により、展覧会や催しの内容、講師、日程等が変更になる場合があります。詳しくは実篤記念館までお問い合わせください。
  • 申込み方法
    往復はがきの往信面に(1)希望する講座名(同内容で2回開催の講座は希望回も)、(2)応募者全員の氏名(ふりがな)、(3)年齢、(4)郵便番号、(5)住所、(6)電話番号、返信面にご自身の宛先を明記の上、締切日必着で実篤記念館までお送りください。
    • 応募は一つの講座につき1枚。1枚につき2名まで応募可。ただし、応募者全員の必要事項を記入してください。
    • 消せるボールペンは、返信印刷の際に文字が消えるため、使用しないでください。
    • 応募者多数の場合は抽選。ボランティア登録希望の方や、初めて応募された方を優先することがあります。
    • 定員に余裕がある場合は、締切後の翌開館日午前9時から講座開催前日午後5時まで電話で受け付けます(先着順)。
    • 申込先:調布市武者小路実篤記念館
      〒182-0003 調布市若葉町1-8-30
      Tel 03-3326-0648

「新しき村100年」記念事業

今年で100周年を迎える「新しき村」。それを記念して以下の行事を行います。
記念事業案内(新しき村で育ったイラストレータ樋口篤郎氏による表紙・PDF)

「新しき村の100年」×「新しき村美術展」スタンプラリー

実篤記念館の特別展「新しき村の100年」と、たづくり移動展「新しき村美術展」の両方の展覧会をご覧いただき、スタンプを二つ集めると、参加賞を差し上げます。また、抽選で20名様に新しき村の産物が当たる応募券をプレゼントします。

日時 各会場での展覧会開始から12月9日(各会場終了時間まで)
会場 実篤記念館と調布市文化会館たづくり1階 展示室
その他 スタンプ台紙の配布と押印は、実篤記念館は10月20日(土曜日)から、たづくり展示室は11月3日(土曜日・祝日)から

新しき村創立100周年記念特別展「新しき村の100年」展示解説

日時 10月25日(木曜日)・11月11日(日曜日)
両日とも午後2時から3時
※11月11日(日曜日)は、調布市文化会館たづくり1階展示室でも、午前11時からギャラリートークを行います
会場 実篤記念館展示室
解説 伊藤陽子(本記念特別展担当学芸員)
申込み 不要。当日、直接記念館へ(入館料のみ)

移動展「新しき村美術展」ギャラリートーク

日時 11月11日(日曜日) 午前11時から12時
11月29日(木曜日) 午後2時から3時
※11月11日(日曜日)は、実篤記念館でも、午後2時から展示解説を行います
会場 調布市文化会館たづくり1階展示室
(京王線調布駅より徒歩4分)
トーク 福島さとみ(本展担当学芸員)
申込み 不要。当日、直接会場へ

記録映像「新しき村100年」上映会と新しき村の生活を語る

新しき村創立記念日に、現在の日向新しき村と新しき村の記録映像の完成披露上映会と、新しき村の会員に村の生活や村への思いについてお話を聞く会を開催します。

日時 11月14日(水曜日) 午後1時30分から3時30分
会場 調布市文化会館たづくり12階 大会議場
(京王線調布駅より徒歩4分)
お話し 寺島洋氏(一般財団法人新しき村理事長)、小島真樹氏(新しき村会員)
聞き手 福島さとみ(一般財団法人調布市武者小路実篤記念館事務局長代理)
定員 200名
参加費 無料
申込み 11月3日(土曜日)必着

インタビュー映像を見る会(2回開催) 第1回

実篤記念館が記録してきた新しき村の映像の中から、新しき村会員のインタビュー映像を、制作にあたった学芸員の解説を交えて上映します。
※第1回と第2回は会場が違います。各回ごとに申し込んでください。

映像 十四歳の旅立〜新しき村会員・小國英雄〜(1995年制作)
内容 黒澤明監督「生きる」「七人の侍」をはじめ、調布ゆかりの日活や大映の映画作品などの脚本家として、日本映画の全盛期に活躍した小國英雄。若き日に日向新しき村に入村し、離村後も新しき村会員として活動し続け、生涯にわたり村を心の支えに生きた小國が心情を語る
解説 福島さとみ(一般財団法人調布市武者小路実篤記念館事務局長代理)
日時 11月22日(木曜日)午後1時30分から3時
会場 調布市文化会館たづくり10階 1002学習室
(京王線調布駅より徒歩4分)
定員 40名
参加費 無料
申込み 11月8日(木曜日)必着

インタビュー映像を見る会(2回開催) 第2回

実篤記念館が記録してきた新しき村の映像の中から、新しき村会員のインタビュー映像3本を、制作にあたった学芸員の解説を交えて上映します。
※第1回と第2回は会場が違います。各回ごとに申し込んでください。

映像 共に生きる〜村内会員 渡辺貫二(2005年制作)
この道〜村内会員 瀬下四郎(2006年制作)
内容 埼玉県毛呂山町の新しき村へ昭和21年に家族とともに入村し、以後、村内会員として村の農業や経済の中心として活動した渡辺。対して、昭和9年に日向新しき村に入村し、その後、一旦は村外会員となったが、昭和45年に再び入村した瀬下。新しき村で生涯を全うした二人が、村での活動や生活、村への思いを語った記録
解説 福島さとみ(一般財団法人調布市武者小路実篤記念館事務局長代理)
日時 12月6日(木曜日)午後1時30分から3時
会場 調布市武者小路実篤記念館閲覧室(予定)
定員 20名
参加費 無料
申込み 11月22日(木曜日)必着

文学講座「新しき村100年と武者小路実篤」

武者小路実篤の著作から新しき村の考え方を読み直し、また100年の歴史を振り返って、新しき村の独自性と時代ごとの評価を読み解きます。

日時 12月2日(日曜日) 午後1時30分から3時30分
会場 調布市文化会館たづくり11階 1102学習室
(京王線調布駅より徒歩4分)
講師 瀧田浩氏(二松学舎大学教授)
定員 20名
参加費 250円
申込み 11月18日(日曜日)必着

講座・講演

製本講座〈中級編〉*2回連続講座

前年度の初級編に引き続いての講座。中級編では、ハガキのハードカバー製本と、和綴じを学びます。

講師 岡野暢夫氏(製本工房リーブル)
日時 2019年(平成31年)2月7日・14日(木曜日) 午後2時から4時
会場 調布市東部公民館・学習室
(京王線仙川駅より徒歩8分 実篤公園仙川口より徒歩1分)
定員 16名
対象 初級編受講者、製本経験者優先
参加費 1,650円(予定)
申込み 2019年(平成31年)1月24日(木曜日)必着

観梅のつどい

新しき村から贈られた記念館・中庭の梅の花が見頃を迎えるころ、梅の花を楽しむつどいを催します。
第一部では、中庭を臨む館内でコンサートをお楽しみいただき、第二部では、会場を東部公民館に移し、小講座と懇親会を行う予定です。
※詳細は、1月頃の調布市報または当館ホームページをご参照ください。

日時 2月23日(土曜日)午後
会場 実篤記念館と調布市東部公民館
定員 なし(ただし、コンサートの椅子席は先着50名ほど)
参加費 入場料のみ
申込み 不要。当日、直接会場へ

公開ワークショップ「朗読で感じる実篤」

朗読することで、黙読では気づかない言葉のリズムやニュアンスを感じとれます。朗読家として活躍し、長年教室を主宰している講師の指導で、朗読を通して実篤のことばを体感し、表現力を養うことを目的とします。
※見学のみも可能です。

講師 河崎早春氏(朗読家・俳優)
日時 3月1日(金曜日) 午後1時30分から3時30分
会場 調布市せんがわ劇場(京王線仙川駅より徒歩4分)
定員/
参加費
ワークショップ参加者:定員15名/参加費250円
ワークショップ見学者:定員120名/参加費無料
申込み 2月15日(金曜日)必着
※ワークショップ参加・見学のいずれかを明記

工作講座「作ってみよう!植物で布を染める」

実篤公園の自然に親しみながら物作りを体験していただく講座です。今回は実篤公園の植物を使って布を染めます。

講師 松田研二氏(自然遊びの先生)
日時 3月24日(日曜日)午後1時30分から3時30分
会場 実篤公園と調布市東部公民館
対象 小・中学生とその保護者
定員 15名
参加費 540円
申込み 3月10日(日曜日)必着
※小学校3年生以下は大人と一緒に申込み。
※大人のみの参加はご遠慮ください。