調布市武者小路実篤記念館

サイトマップ個人情報の取扱

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

トップページ > ご案内 > 利用案内・アクセス

利用案内・アクセス

開館・開園時間

午前9時から午後5時(閲覧は午前10時から午後4時)

旧実篤邸内部公開日
毎週土曜日・日曜日、祝日
時間:午前11時から午後3時
※雨天中止
※平日はバルコニーからガラス戸越しに邸内をご覧いただけます


・記念館と公園は地下通路でつながっています
・旧実篤邸は公園内にあり、記念館からは離れています
・公園内の通路は木チップ敷きで、段差が多く、また急坂があります
・公園内には池があるため、初夏から秋にかけて蚊が発生します
・公園・記念館の入口に虫除けスプレーをご用意しています
・虫除けなどのスプレー剤をご持参の場合、館内では噴霧しないでください。ご使用は 館の外でお願いします

休館日

月曜日(祝日のときはその翌日)(翌日が祝日のときはその翌日)
年末年始(12月29日から1月3日)
※展示室・閲覧室には、休館日のほかに休室日があります
 詳しくは、「今月のスケジュール」をご覧下さい

入場料

大人  ・・・・・・ 200円
小・中学生・・・・ 100円
※調布市在学、在住の小・中学生は、毎週土曜日に無料パスが利用できます
※調布市内在住の65歳以上の方は無料
※身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・愛の手帳をお持ちの方と付添人は無料
※「ぐるっとパス」が利用できます

ガイドツアーと解説

協力ボランティアによるガイドツアーや団体解説を実施しております
ご希望の方は「ガイドツアー・展示解説」をご参照ください

交通機関

<京王線>
仙川駅またはつつじヶ丘駅下車徒歩10分
<小田急線>
成城学園前駅より「調布駅」、または「つつじヶ丘駅南口」行バス、稲荷前下車徒歩5分
<お車の場合>
周辺道路が狭いため、中・大型バスをご利用の場合は事前にお問い合わせください
実篤記念館駐車場 乗用車5台(公園入口側には駐車場はありません)
※大型バスの駐車場はありません。事前にお問い合わせください

アクセスマップ

所在地・連絡先

調布市武者小路実篤記念館
〒182-0003 東京都調布市若葉町1-8-30
TEL 03(3326)0648
メールアドレス 

閲覧室利用案内

開室時間:午前10時から午後4時
休室日 :毎週木曜日、毎月最終水曜日
     ※ただし、祝日・休日、展示室休室期間にあたる場合は開室
     ※詳しい日程は[スケジュール]>[休館・休園]をご覧ください

資料請求

・閲覧室の本は、開室時間内であればどなたでも読むことができます
・書庫の本も閲覧できます。ご希望の方は、閲覧机上のパソコンからデータベースを検索し、所定の用紙に記入のうえ、レファレンスカウンターに提出してください

複写・貸出

・資料のコピーサービスや本の貸出は行っていません
・原則として資料の写真撮影もご遠慮いただいています

その他

・鉛筆や消しゴム、クリップボードなどが必要な方は、レファレンスカウンターで貸出しています
・わからないことはレファレンスカウンターまでお尋ねください

お願い

大切な資料を守り、未来へ受け継ぐために、ご協力をお願いします
・本を汚したり、壊したりしないために、手をきれいに洗って、よく拭き、時計や、ブレスレット、指輪など手指のアクセサリー類は、はずしてください
・閲覧室の鍵付き書架や書庫の本を読むときは、荷物をロッカーに入れてください。ロッカーは大型本の棚の下にあります。鍵はレファレンスカウンターで貸出します
・開いた本に物をのせたり、備え付けのしおり以外のもの(のり付きの付箋紙など)を挟んだりしないでください

気持ちよくご利用いただくために

みなさんに、館内や旧実篤邸内で気持ちよくご利用いただくために、いくつかの約束があります
また、実篤記念館では貴重な作品や資料を、未来の人たちに伝えてゆくために、大切に保存してゆく役割があります
みんなで楽しみ、作品を保護するために、公共のマナーを守りましょう

入る前に

かさ持ち込み禁止

入口のかさ立てをご利用ください。日がさも持ち込み禁止です

大きな荷物持ち込み禁止

大きな荷物は、受付または閲覧室のロッカーにお預けください

飲食禁止

ペットボトルの持ち込み禁止。口の中のあめ、ガムも出してから入りましょう
※休憩コーナーで給茶機をご利用いただけます

携帯電話などの電源を切る

電源を切ってから館内にお入りください。使用される時は館の外でお願いします

禁煙、ペット持ち込み禁止

実篤記念館内、実篤公園(旧実篤邸も含む)内すべて禁止です

館内、旧実篤邸

作品にさわらない

作品や資料が汚れたり、こわれないように

撮影・録音禁止

カメラや携帯電話、スマートフォン、ビデオカメラなどでの撮影・録音はご遠慮ください

ペン禁止

使えるのは鉛筆だけ。万年筆、ボールペン、サインペンは、すべて禁止です

走らない、ふざけない

ぶつかるとケガをしたり、作品を傷つけるのできけんです

大きな声を出さない

作品や資料をゆっくり鑑賞しましょう。他のお客さんの迷惑になります