調布市武者小路実篤記念館

サイトマップ個人情報の取扱

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

トップページ > ご案内 > 旧実篤邸

旧実篤邸

image01
image02実篤は、水のあるところに住みたいという子供の頃からの願いどおり、昭和30(1955)年、70歳の時に仙川の地へ居をかまえ、90歳で亡くなるまでの20年間を過ごしました。

ここでは、集まる野鳥に餌場を作り、池に鯉を飼う、安子夫人と二人の静かな生活でした。また自伝小説「一人の男」や、野菜や花を描いた絵の多くがここでかかれ、自らの完成の地ともなりました。
実篤の死後、数々の遺品とともに、ご遺族より調布市に寄贈され、できる限り実篤が暮らした当時のまま保存されています。